レーザーマーカーとマーキング

レーザーマーカーシステム

日本で作られたオールインワンレーザーシステムと自動ステージがレーザー加工を変える
 

レーザーとはレーザーとはレーザー装置の特徴レーザー装置の特徴レーザー装置の種類レーザー装置の種類レーザー加工機オプションレーザー加工機オプションレーザーの加工素材と種類レーザーの加工素材と種類レーザー加工映像とサンプル写真レーザー加工映像とサンプル写真レーザー よくある質問レーザー よくある質問

レーザー加工機 よくある質問

Q:段差のあるものに一回で印字は可能ですか?
素人でも簡単な操作で段差印字が可能です。
Q:リング状の物に印字することは可能ですか?
可能です、自動リングチャックも標準装備しております。
Q:レーザー発振器以外の費用は掛かりますか?
弊社のマシンは架台・PC・治具等装備されておりますので、標準使用であれば十分です。(※搬入設置講習費は別途かかります。)
Q:ファイバーレーザーは何に反応しますか?
金属全般と一部樹脂に反応します(PPは透過・不透過関係なく反応します)
Q:テスト加工は行っていますか?また費用は?
サンプル等送って頂ければテスト加工させて頂きます、少量でしたら無償で行わせて頂きます。
Q:電源は200Vですか?
いいえ100Vです。※家庭用電源、本機とPCの2口です。
Q: 一番売れている機種は、どのレーザーですか?
2015年1月以降は、FIBERレーザーの受注が一番多くなっています。FIBERレーザーが発売されるまでは、YVO4が一番主流のレーザーでした。
Q:購入後年間保守料などは、必要ですか?
年間保守料などは設定しておりません。故障しずらい設計になっていますが、機械なので故障する場合もあります。故障した場合は、修理費と技術費をご請求させて頂きます。
Q:レーザーマーカーの消耗品は何ですか?
レーザーマーカーの消耗する代表的な部品はレーザーダイオード(ランプ)になります。レーザーマーカーは、消耗品が少ないのがメリットです。購入後は、低コストで加工を行うことができます。
Q:レーザーランプは、どれくらい持ちますか?
レーザーマーカーで使用されているランプは、通常の使用で数年は切れないで使用できると思いますが、ハッキリしたお答えはできないのが現状です。販売台数から見ると、シーフォースで近年過去4年以内に販売した機種で切れた機種は1台のみです。
Q: 樹脂へマーキングするには、CO2レーザーがお勧めですか?
樹脂へマーキングする場合、樹脂の種類が重要になります。不透明な樹脂などには、FIBER/YVO4等が使用されているケースが多いです。ペットボトルのキャップ工場、携帯電話の工場などで使用されている機種は、FIBER/YVO4レーザーが一番使われています。ただし、半透明や透明な樹脂(アクリル等)にマーキングができません。透過する樹脂には、Co2レーザーになります。
Q: 特注装置の依頼は可能ですか?
自社開発なので特注製作は得意としています。自動治具などを作ったハンドラーなどお客様の用途に合わせた製作が可能です。
Q:ジュエリー業界で、お勧めの機種はなんですか?
ジュエリー業界でお勧めの機種は、ファイバーレーザーになります。金属に得意なファイバーレーザーは、通常マーキングから原型彫りまで幅広く対応します。

 
Q&Aの最終更新日 : 2016-12-05

レーザーマーキング装置 Lasox